審査不要のカードローンとはどういうとこ

キャッシングベスト3

カードローンで審査不要のところはどういうところですか

カードローンを利用したくて、どこがいいのか調べているのですが、よく『審査不要』というカードローンを見かけます。そもそもカードローンの審査がどういうのかわからないんのですが、審査はあるものだと思っていました。

審査不要だと何かいいことがあるのでしょうか?審査不要のカードローンはどういうところですか?

審査不要は簡単にお金を借りられるが信頼できない業者である

カードローンを利用する上で必ず出てくるのが審査ですね。カードローン会社の中には確かに『審査不要』を謳っているところもあります。審査が不要というのはどういうことか、審査の意味も合わせて知っておきましょう。

審査とは、カードローンやキャッシングの申込みをした後に行われるものになります。審査では申込み者がちゃんと貸したお金を返済してくれる人かどうか、つまり信頼できる人かどうかを見極めるものになります。お金を借りた以上は返済する義務がありますが、中には返済ができなくなったりする人もいるので、業者が審査で信頼できる人かどうかを重要視するのは当たり前ですよね。では、信頼できる人かどうかはどのように判断するのでしょうか。

信頼できる人かどうかの審査には、在籍確認・個人信用情報の確認があります。在籍確認は申込み時に記載された勤務先に本当に勤めているか確認され、それによって返済できる安定した収入があるかが確認されます。個人信用情報は、他社での過去の借入履歴や現在の借入状況などの確認ができます。これにより過去に延滞していないか、現在他に借りていないか、返済できているかが見られ、返済能力があるかが判断されます。

こうして審査を終え、返済能力のある信頼できる人と判断されると契約ができ、カードローンを利用できるようになります。審査とは以上のようなものなのですが、この審査が不要となると何がいいのでしょうか。

まずは、勤務先への在籍確認が行われないということですね。これによって安定した収入がなくとも借入できる可能性が高くなります。

そして、個人信用情報に傷があっても大丈夫ということです。個人信用情報に傷があるというのは、過去・現在において他社で借りたお金を返済できずに延滞していたり、過去に返済ができなくなり債務整理を行っていたりする履歴のことです。この履歴があると当然ですが、信頼度は低くなり返済能力が低い人という判断をされます。すると、審査に落ちお金を借りることができなくなるのです。

つまり、審査がないことによって、過去に延滞などをしていてお金を借りることができない人や現状どこからもお金を借りることができない人が借りることができるということです。

そう考えると審査不要というのはお金に困っている人にはいいことのように感じますが、国に登録を行っている正規の業者は審査が必要不可欠です。なぜならお金を貸して返ってこなかったら困るからです。正規の業者で審査がないところはありません。

審査不要と謳っているところはほぼヤミ金と考えられます。ヤミ金は非正規業者のため法律に縛られていません。そのため、取り立てなどが暴力的であったりや利息が異常に高かったりします。ミ金が審査不要と謳うのは返済ができなかろうが何としてでも返済してもらうという意思の表れで、そういうところで借りると一気に借金が膨れ上がり、明るい人生にはなりません。

『審査不要』というのがどういうことで、どういうところが謳っていることかわかりましたでしょうか?審査不要と謳っているところは信用できない業者であることは間違いありません。

審査不要のカードローンは意味を理解することが大切

カードローンの宣伝や広告は色々なところで見かけることがありますが、こうした宣伝や広告の中で審査不要という言葉を見ることがあります。カードローンにおいて審査は必ずあるものであり、審査不要という言葉の意味はしっかりと理解しておくことが大切です。

審査不要という言葉を使っているまともな金融会社では、それは本当に審査がないのではなく、審査がないに等しあまい審査を表現しているものです。そのため、実際にお金を借りるために審査が行なわれないのではないので、当然不合格になることもあります。しかし、こうした金融会社で申し込みをする時は審査が極端にあまいので合格しやすいものです。

審査不要という金融会社で注意をしたいことは悪徳会社です。金融会社にはいくつかの悪徳会社が存在していますが、一般的にそうした会社のことをヤミ金と言います。悪徳会社では審査不要というあまい言葉をお客さんを誘い、法律を超えた高い利息で取立てをしていることが多いです。そのため、宣伝や広告にある審査がないという表現を簡単に信じてしまうと、後から後悔することもあります。

大切なことは審査がないというのはどのような意味なのかをしっかりと理解することであり、基本的に金融会社がお金を貸すときに審査を行なわないことはありえないということを認識しておくと良いです。金融会社が審査をする意味というのは、自社が継続して会社を経営するためです。返済能力が低い人にお金を貸すことが多くなると、それだけ会社にとっては大きなリスクとなります。金融会社は利息をもらうことによって利益があがるので、必ず審査で申込者の返済能力をチェックすることになります。これを理解しておけば、審査がないということがありえない話というのは簡単に把握することができます。
カードローンで審査不要の会社を見つけたときは、まずは悪徳会社がどうかをしっかりと見極めることが重要であり、その上で良い会社に申し込みをしなければなりません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 知らない人は損をする!貸金法を学んでこそ導き出せる裏技 All Rights Reserved.