ブラックOKのカードローン利用は大丈夫か

キャッシングベスト3

ブラックOKのカードローンって利用して大丈夫ですか

私は今ブラックリストに載っています。

二年前に消費者金融から借りたお金を返すことができず数ヶ月に亘り延滞をしてしまいました。現在はすでに返済し終わっています。しかし、ブラックリストに載ると最低でも五年は消えないと聞いているので、今も載っていると思っています。

今月どうしてもまとまったお金が必要でカードローンを利用したいのですが、ブラックOKのカードローンは利用して大丈夫でしょうか?

ブラックOKは闇金の可能性大!

結論から言うとブラックOKというところは闇金の可能性が高いので大丈夫ではありません。そもそもブラックOKということはどういうことでしょうか。

ブラックというのは、ご質問者様が知っての通り延滞や債務整理などを行った経験があり、その情報が個人信用情報に載っている状態のことをいいます。あくまでも、「ブラックリスト」というリストがあるわけではありません。個人信用情報に傷がついているということです。

このブラックかどうかを判断できる個人信用情報をカードローン業者が見るのは、審査のときです。カードローンやキャッシングなどの申し込みを行うと審査に入ります。その審査のときに申し込み者の過去の借り入れ履歴や現在の借り入れ状況などを確認するわけです。このときに申し込み者がブラックになっているとほぼ審査には落ちます。なぜなら、たとえ過去のことであってもブラックに載っているということは、返済をしてくれなかった過去があり、今回も返済をしない可能性があると信用度が落ちてしまうしまうからです。当たり前ですが、業者はお金を貸したらちゃんと返ってくる人にしか貸したくはありません。そのため、貸してもちゃんと返してくれる可能性が低い人には貸したくないのです。それを判断するひとつの基準としてブラックに載っていないかというのがあるわけです。

さて、本題に入りますが、「ブラックOK」というのは、個人信用情報に事故履歴が載っていても大丈夫ということです。言い換えれば、過去または現在、他社での借り入れを延滞していて返済ができなかったことがあるまたはできない状況だとわかっているけどお貸ししますよ、ということになります。

カードローン業者は慈善事業ではないので、確実に返済をしてもらうことを考えます。それなのに返済できる可能性の低いブラックに貸すということは、ブラックだろうが、返済するお金がなかろうが、何をしてでもお金は返済してもらうから。と言っているようなものなのです。こんな業者は果たして信頼できるのでしょうか。利用して大丈夫だとは到底思えません。

また審査自体がないことも考えられます。審査は業者が私達を審査するのと同時に、私達がその業者が信頼できるところかを判断できる部分です。都道府県や国に登録している正規の業者では審査がないことはありまえません。

このようにブラックOKのところは信頼ができない危険なところだということがわかると思います。ブラックOKを謳う業者は正規の業者ではない闇金の可能性が高いのです。

まとまったお金が必要なのはわかります。そのためにカードローンが利用できれば、とても嬉しいですよね。ですが、過去に一度延滞を行っていることを思い出してください。信用のできない業者に手を出してしまえば、以前よりも厳しい生活になってしまいます。利用するならば、審査によって互いが信頼しあえる業者を選択する必要があるのです。履歴が消えるのを待ち、業者に信頼してもらってから利用することをおすすめします。

カードローンと審査及びブラックOKとの関係

カードローンは、狭義では銀行及び信用金庫や労働金庫等協同組織金融機関が行う資金の貸付であるCardLoanで、広義ではローンカード等の呼称で消費者金融やクレジット会社等が取扱うカードにより借入ができる金融商品です。

カードローンは資金使途が自由で、予め決められた利用限度額(極度額)の範囲であればいつでも自由に融資される極度貸付方式で、ATM・CDから引出し可能であり、返済が分割払いであるリボルビング方式もある商品です。それぞれの取扱機関によって相違しますが、ATM・CDについては金融機関が直接設置している場合の他、提携先機関に設置されている場合等も利用可能です。一方インターネットバンキング等を通じてローン口座から預金口座に振り替える形式で融資される商品はカードを使用せず、ネットローンやネットキャッシングです。

全国銀行個人信用情報センター、株式会社シー・アイ・シー、株式会社日本信用情報機構に代表される信用情報機関は氏名、生年月日、自宅住所・電話番号、勤務先名・住所等の個人情報を登録し、この情報は加盟機関等が閲覧可能です。融資商品であるカードローンはその審査において取扱機関によって違いが生じますが、概ね返済可能な安定収入、勤務状況(勤務期間や勤務先)、借入状況、居住期間等です。一般的にブラックとは掲載されている個人情報の中で長期延滞、特定調停、個人再生、自己破産等が含まれている事故情報です。

個人再生や自己破産は官報に掲載され、また融資機関は複数の信用情報機関に加盟するなど種々の個人情報を収集します。ブラックOKは概ね事故情報が掲載されていてもカードローン等の融資を受けることが可能という意味合いで、無審査での与信や緩やかな融資審査等がこの範疇です。しかし特に銀行及び協同組織金融機関は他クレジット会社や消費者金融より総じて金利が低めですが、審査は比較的厳しいです。一方消費者金融等は即時審査等の特徴がありますが、違法金利追求以外の場合融資した資金が安定収入等により返済されることが前提ですので、事故情報を重視し審査します。事故情報の登録期間は延滞・代位弁済・強制回収手続等は5年で、また官報に公告された破産等の官報情報は10年です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 知らない人は損をする!貸金法を学んでこそ導き出せる裏技 All Rights Reserved.