借金は踏み倒しすることができるのか

キャッシングベスト3

借金は踏み倒しすることができるってほんとですか

数百万円の消費者金融から借りた借金を抱えています。返済ができず半年近く延滞をしています。借りた当初よりも給料が減ったこともあって、これからも返済の目処が立ちそうにありません。

そこで借金を踏み倒すことができる方法があると聞きました。そんな方法は本当にあるのですか?

借金には『時効』が存在します

借金には時効が存在します。ご質問者様のいう踏み倒しはこの時効を利用したことだと思います。

借金の時効とは、一定期間返済を行っていないと返済義務がなくなり返済を行わなくてもいいと法律で定められているものです。今回のように消費者金融から借りたのであれば、期間は5年ですね。5年間の間、返済を行わなければ、返済をしなくてもよくなるのです。それが借金の時効で、借金を踏み倒す方法と言われているものです。

じゃあ、5年間放っておけば勝手に時効になるんだね、と喜ばれるかもしれませんが、そう簡単な話でもありません。

時効には、時効の中断というものがあります。これは5年経つ間にあることを行われると時効が中断され、期間は一からの振り出しに戻ることです。あることとは、主に4つあります。

1.借金があることを認めてしまう。

業者からの度重なる催促によって自分が弁済義務があると認めてしまった場合、借金があることを自ら認めてしまった場合、時効の中断がされます。「お金は返せない」というだけでも借金は認めることになります。

2.一部でも返済を行ってしまう。

これは業者からの催促があり、怖くなりほんの一部でも返済を行ってしまう場合です。1.のように弁済義務を認めた形になるので時効が中断されます。

3.消費者金融側から詳細をあげた請求が行われる。

口頭や手紙などの法的手続きではない請求は含まれませんが、内容証明郵便で詳細な情報を元に裁判が行われるような催促が来た場合、時効が中断されます。

4.差押え・仮差押え・仮処分がおこなわれる。
3.と同様、法的に裁判所に差押えなどが申立てられると時効が中断されます。
以上の4つですが、見ているとわかるように借金の存在を認めるようなことがあると時効が中断されるということですね。

また、時効は『勝手に』行われるわけではありません。5年の月日が経って時効だ、と喜んでも自ら時効の援用を行わないと成立しません。時効の援用とは「時効だから返済は行いません」と相手に宣言することです。これには専門的な知識があるプロの手を借りる必要が出てきます。

当たり前ですが、消費者金融側は時効のことを知っています。時効にならないために、様々な行動を起こしてくることは想像に容易いと思います。あの手この手で借金を認めさせるようなことを行ってきます。時効が成立しても借金の存在を認めれば、返済義務が復活するので、生きている間、ずっと自分が踏み倒した借金を知らないふりをしていかなければいけないのです。

たった5年、されど5年かもしれませんが、催促に怯えながら生きていくことはとても辛いことです。ここまでして時効することは果たしていいことなのかどうかは個人の感覚によります。ですが、そもそも借りたお金を返せないから返さないというのは少々横暴ですよね。5年を潰す覚悟があるのなら、債務整理を行い、一から借金を見直すほうが有意義かもしれません。

借金は自らが起こしたことです。今一度、考えて対処することをオススメします。

借金の踏み倒しをすると大変な事になるをご存知ですか

今の時代、何をするのもお金が掛かります。生活はもちろん仕事や娯楽、商売をするのにもお金が必要です。
支出があってもそれ以上の収入があれば賄う事ができますが、ちょっとでも歯車が噛み合わなくなるとたちまち資金繰りが厳しくなります。それはどのような物でも同じです。売り上げが落ちたり、仕入れ値が上がったり、給料が減ったり、ボーナスが無くなったり突然起きるのです。建て直しには余剰資金を確保しておく事ですが、改善が見込めなければやがて行き詰まることになります。借金をすることで一時しのぎはできますが、綿密な計画をお薦めします。

状態が良い方向に行っていないときにはどうしてもマイナス思考になりがちです。途方にくれるといいますが、やる気さえ失うのは悲しい事です。まして踏み倒しなどを考えると払わなくてもいいと楽観的に捉え精神的にも早く楽になりたいと思うようになっていますので、躊躇せず行ってしまうのです。ところが財産を差し押さえられたり、場合によっては損害金まで請求される恐れもあります。生活を立てなおすどころか転落の始まりです。訴訟になっても時間とお金がかかるだけで最終的には支払いを命じられて終わりです。債権が他の業者にわたり悪質な取立てに合う事もあります。

絶対に踏み倒しをしてはいけません。一時的であればちょっとの借金はありがたく便利です。でも意図的に逃れようと考えたりすることは正義に反します。迷惑が掛かるだけでなく自分自身が一番困る事になります。

どうしても返済がむずかしいときには相談や支払い方法の変更などを申請して、無理のない支払いができるようにしていかなければいけません。心のゆとりと少しのお金の余裕が必要です。対策は立てられるときに立てることです。選択肢がまだ多い段階であれば、ひとつが駄目でも他の方法を探るなどチャンスがあります。背伸びをしないことが大事です。
プランが立てやすいのも良いところです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 知らない人は損をする!貸金法を学んでこそ導き出せる裏技 All Rights Reserved.